エレベーターのメンテナンスで安全を確立|建物内の運び屋

メンズ

信頼の見つけ方

外観

エレベーターメンテナンスの質は業者の質に関わってくると言えます。より高品質なメンテナンスを行なうのであれば、エレベーターの使用頻度、施設の築年数といった様々なファクターに焦点を合わせて考える必要が出てきます。

詳細

安心安全運用の為

エレベーター

定期点検を考える

買い物や会社への出勤といった様々な外出の用がある際、エレベーターを利用する機会は多くあります。これらのエレベーターの管理には、エレベーター自体の安全性も関係はありますが、定期的に行なわれているメンテナンスに因る割合が大きく占めています。どのような設備でも耐用年数と言うものが存在しています。現在のエレベーターは性能、利便性の向上と共に耐用年数も大きく延びています。基本的にはエレベーターの耐用年数は20年以上とも言われています。耐用年数が長い為に丈夫な物と思われがちですが、建築基準法によりエレベーターの定期的なメンテナンスが義務付けられる程にエレベーターのメンテナンスは重要度の高い事柄になっています。

点検業者とそのタイプ

エレベーターの保守には、専門的な技術を持つ業者に依頼する必要があります。大まかに分けて、メーカーの製品に対応するメーカー系と、どのメーカーの製品でもメンテナンスを行なう事が出来る独立系の2種類に分類することができます。メンテナンス業者はこの2種類の中から選ぶ事になります。日本のメーカー製品のエレベーターであれば、問題なくメーカー系の業者に依頼する事ができますが、費用は割高になってしまいます。独立系の業者だと費用を抑えることが可能です。独立系の業者はメーカー系の業者と比較した際に技術的に不安があると言われていますが、全ての独立系業者がそういう訳ではありません。エレベーターの安全性を確立して運用するには業者はしっかりと見極める必要があります。

臨機応変に対応

模型

エレベーターメンテナンスでは費用がどれ程になるのかが気になるところですが、費用を効果的に抑えたい場合、契約形態をエレベーターの状況により見直す事が重要になるといえます。

詳細

点検の義務

集合住宅

エレベーターの点検に法定点検と呼ばれるものが存在し、この点検は義務付けられています。安全性や費用の出費を抑える為にも日々のメンテナンスを行なう事が重要なのです。

詳細